今さら聞けない!?よく耳にするagaって何のこと?

agaに関する基本的な知識

agaとは「Androgenetic Alopecia」を略した言葉です。日本語では「男性型脱毛症」と訳されます。20代後半~30代にかけて発症するケースが多く、その後は少しずつ進行していきます。成長期・退行期・休止期という毛周期に従って、髪の毛は成長していき最終的には抜け落ちるのが通常の流れです。agaを発症すると成長期の期間が短くなり、細くて弱々しい軟毛が目立つようになります。そうして、頭髪が次第に薄くなっていくのです。

なぜagaを発症してしまうのか

agaの原因には、男性ホルモンが大きく関与しているといわれています。テストステロン(男性ホルモン)が、頭皮にある酵素と結びついて、さらに強力な男性ホルモンへ変身します。そして、髪の毛が抜けるようにと指令を出すので、薄毛を促進してしまうのです。他にも、生活習慣や食生活もagaの原因になり得ると考えられています。飲酒や喫煙の習慣がある人は血流が滞りやすく、髪の毛の生育に悪い影響を及ぼしたり、生育に必要な栄養が行き渡りにくくなったりします。偏った食生活では、髪の毛を構成するタンパク質をはじめ、生育に必要なビタミンやミネラルを十分摂取できません。

agaを発症してしまったら?主な治療法

agaの治療では、育毛剤や服用薬が主流となっています。服用薬といっても難しいものではなく、決まった時間に1日1錠を服用するといった感じです。ただし、さまざまな商品が出回っているため、しっかりと安全性を確認したうえで使用するようにしましょう。できれば、専門のクリニックに通院することをおすすめします。

agaを仙台で治療するときには、クリニック選びが大切です。治療法や料金、通いやすさなどを比較して、自分に合ったクリニックを選ぶ必要があります。